創立120周年記念事業に向けた臨時役員会の開催について

2017年05月25日(木)

役員各位

福島県立福島高等学校
同窓会長 渡辺 健寿
*創立120周年記念事業に向けた*
*臨時役員会の開催について*


残春の候、同窓会役員の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は母校のために格別のご高配を賜わり、厚く御礼申し上げます。

さて、下記の通り創立120周年記念事業に向けた臨時役員会を開催いたします。
ご多忙中とは存じますが、御参加下さいますようお願い申し上げます。


期日 平成29年6月14日(水)午後6時00~

場所 福島高校 梅苑会館 TEL 535-2391
※校舎西側にある同窓会館

議題
(1) 創立120周年実行委員会組織(案)について
(2) その他

※当日は、駐車場がありません。近隣駐車場を利用するか、
公共交通機関のご利用をお願いいたします。

【梅苑会館の位置】






【ストリートビュー】



第17回梅苑会親睦ゴルフ大会が開催されました。

2017年05月22日(月)

平成29年5月21日(日)、福島ゴルフ倶楽部民報コースにて、
「第17回梅苑会親睦ゴルフ大会」が開催されました。
福島市では5月の観測史上最高の34.2度を記録。全国でも2番目の暑さということでしたが、実際はもっと気温は上がっていたように思います。

そんな記録的な猛暑の中、86名の同窓生の皆様にご参加いただき、イン・アウトそれぞれ12組でスタートしました。

002
コンペは団体戦・個人戦で争われるため、毎年団体で登録となります。

003
インコーススタート1組目は、16回卒の鴫原敏美、紺野俊勝、二階堂晋一さん
(登録順)の皆様。
二階堂さん(写真中央)は関東梅苑会の会長さんです。
東京からご参加いただきました。

004
6回卒の皆さん。山中秀勝、二文字屋 元、斎藤浩、土屋隆さん。
今回の団体登録としては、3回卒の皆様に次ぐ大先輩の皆様です。

005
素晴らしい弾道のナイスショットです!

006
11名が登録された、「燦々会」のメンバー。
「優勝狙ってるよ!」と気合十分でした。

007
みやぎ梅苑会からのエントリーの皆さん。
羽田登、歌川和夫、佐藤薫、菅野剛広の皆さん。
歌川さんはベスグロ77で、個人5位に入賞されました。
みやぎ梅苑会は団体戦6位!!強豪です!

008
最年長ご登録の3回卒の皆様。
井桁芳郎、澁谷桂一様。元気いっぱいのプレーをありがとうございした。

 

表彰式

009
プレー終了後、現地での表彰式となりました。
(写真提供:みやぎ梅苑会 菅野剛広様)

順位は以下の通りです。




<団体戦>
優勝:燦々会
高橋仁、吉成健二、佐藤芳彦、半沢祐介、渡辺康一、大橋芳樹、芳賀隆夫
大河内浩之、熊田光、星浩次、関根英樹
準優勝:17回卒
渡刈弘、市山英俊、横山純、関根正幸
第3位:チーム民報
三浦幸樹、吉田高徳、宍戸篤、矢森真人、羽田真人、伊藤幹夫、渡辺英範
古川忠篤、菅野聡、橋本雄士、石橋智史、中尾富安、田口敏啓、斎藤直幸
清野昭宏、八巻仁恵
第4位:14回卒
第5位:野球部
第6位:みやぎ梅苑会
第7位:チーム藤野
第8位:ピンピン会
第9位:12回卒
第10位:15回卒
第11位:6回卒
第12位:16回卒
第13位:8期会
第14位:24回卒
第15位:安藤組
第16位:チーム加藤




【個人戦】
優勝:高橋 仁
準優勝:涌井 衛
第3位:吉成健二
第4位:渡苅 弘
第5位:歌川和夫
第6位:安斎範明
第7位:市山俊英
第8位:山中秀勝
第9位:大橋泰成
第10位:横山 純




表彰式は和やかに進みました。

011
締めは、やはり「エール」です。

013
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

来年もまた、親睦ゴルフ大会でお会いいたしましょう!!

0122
 

 

毎日新聞「母校をたずねる」第7回

2017年05月19日(金)

毎日新聞さんの「母校をたずねる」シリーズ、第七回が掲載されました。
全8回シリーズです。
毎週金曜日の福島版に掲載されています。
※東北版にも掲載されていて、宮城でも読めますが、優先記事があるばあい、地元記事が優先されるようです。

第七回は「好きなことを大事に」 高橋雅行さん 福島民報社社長(1971年度卒)

vol7
毎日新聞デジタルでもお読みいただけます。
(記事途中まで。全文閲覧には有料会員登録が必要な場合もあります)

https://mainichi.jp/articles/20170519/ddl/k07/100/053000c

平成29年度 第1回役員会開催しました

2017年05月18日(木)

平成29年5月12日(金)18時30分より、平成29年度の同窓会第1回役員会を開催しました。

来年、平成30年に迎える、福島高校創立120周年を控え、記念式典や施設整備事業などを行う、
「創立120周年記念事業 合同準備委員会」の報告もあるなど、活発な役員会となりました。

001s
議長は渡辺健寿会長

第1回役員会における、協議事項および報告事項は以下の通りです。

【協議事項】
以下3つの事項について、承認されました。

1.平成29年度事業計画案

2.平成29年度同窓会総会におけるアトラクションについて

3.福島市開催アートイベントからの名義後援依頼について

4.その他

【報告事項】
1) 120周年記念事業について
2) 飛梅祝詞の寄贈について
3) 毎日新聞[母校をたずねる」について

平成29年度福島県立福島高等学校同窓会 母校職員歓送迎会

016s
19時からは、母校職員歓送迎会が行われました。

【招待者 ~敬称略~】

転出者
:大橋良一 高27回(ご退職)

転入者
:高橋文彦 高36回(安積黎明高校から)
:鈴木公一 高32回(白河朝日高校から)
:菅野祐智 高44回(高校教育課から)
:齋藤陽向 高65回(新採用)

023s
関東梅苑会、二階堂会長の乾杯により開宴。
懇親を深めました。

太宰府天満宮権禰宜毛利清彦氏来校

2017年05月17日(水)

5月7日、前同窓会長故川崎眞二氏(高11回卒)の一周忌に、太宰府天満宮権禰宜毛利清彦氏が遠路来福してくださいました。
翌日には福島高校に来校し、「太宰府の梅」の生育状況などを確認されました。

517-02
(太宰府から恵与の際の祝詞とともに)

毎日新聞「母校をたずねる」第6回

2017年05月15日(月)

毎日新聞さんの「母校をたずねる」シリーズ、第六回が掲載されました。
全8回シリーズです。
毎週金曜日の福島版に掲載されています。
※東北版にも掲載されていて、宮城でも読めますが、優先記事があるばあい、地元記事が優先されるようです。

第六回は「関心を持つ癖を持とう」 伊藤秀二さん カルビー株式会社社長(1974年度卒)

vol6
毎日新聞デジタルでもお読みいただけます。
(記事途中まで。全文閲覧には有料会員登録が必要な場合もあります)

https://mainichi.jp/articles/20170512/ddl/k07/100/044000c

毎日新聞「母校をたずねる」第5回

2017年05月11日(木)

毎日新聞さんの「母校をたずねる」シリーズ、第五回が掲載されました。
全8回シリーズです。
毎週金曜日の福島版に掲載されています。
※東北版にも掲載されていて、宮城でも読めますが、優先記事があるばあい、地元記事が優先されるようです。

第五回は「劣等感大切な財産に」 斎藤智也さん 聖光学院野球部監督(1981年度卒)

005
毎日新聞デジタルでもお読みいただけます。
(記事途中まで。全文閲覧には有料会員登録が必要な場合もあります)
https://mainichi.jp/articles/20170505/ddl/k07/100/028000c

毎日新聞「母校をたずねる」第4回

2017年04月28日(金)

毎日新聞さんの「母校をたずねる」シリーズ、第四回が掲載されました。
全8回シリーズです。
毎週金曜日の福島版に掲載されています。
※東北版にも掲載されていて、宮城でも読めますが、優先記事があるばあい、地元記事が優先されるようです。

第四回は「信夫山を走り回った」 佐藤文俊さん 総務事務次官(1974年度卒)

004
毎日新聞デジタルでもお読みいただけます。
(記事途中まで。全文閲覧には有料会員登録が必要な場合もあります)
https://mainichi.jp/articles/20170428/ddl/k07/100/625000c

毎日新聞「母校をたずねる」第3回

2017年04月24日(月)

毎日新聞さんの「母校をたずねる」シリーズ、第三回が掲載されました。
全8回シリーズです。
毎週金曜日の福島版に掲載されています。
※東北版にも掲載されていて、宮城でも読めますが、優先記事があるばあい、地元記事が優先されるようです。

第三回は「エリート意識は苦手」 大友良英さん 音楽家(1977年度卒)

vol3
毎日新聞デジタルでもお読みいただけます。
(記事途中まで。全文閲覧には有料会員登録が必要な場合もあります)
https://mainichi.jp/articles/20170421/ddl/k07/100/183000c

毎日新聞 「母校をたずねる」第2回

2017年04月18日(火)

毎日新聞さんの「母校をたずねる」シリーズ、第二回が掲載されました。
全8回シリーズです。
毎週金曜日の福島版に掲載されています。
※東北版にも掲載されていて、宮城でも読めますが、優先記事があるばあい、地元記事が優先されるようです。

第二回は「古里の大切さ知った」 菅野典雄さん 飯舘村長 1964年度卒

vol2
毎日新聞デジタルでもお読みいただけます。
(記事途中まで。全文閲覧には有料会員登録が必要な場合もあります)

https://mainichi.jp/articles/20170414/ddl/k07/100/033000c