令和2年度同窓会総会を開催します

2020年11月12日(木)

本年度の同窓会総会を、以下の通り開催いたします。

今年は懇親会が無いため、参加費は無料です。
当日、時間までに福島グリーンパレスにお越しください。

1. 日 時  令和2年11月20日(金) 18:00~
2. 場 所  ホテル福島グリーンパレス
3. その他  コロナウイルス感染予防対策(以下のようにして開催します。)

総会後の懇親会は中止

総会(講演会) 感染予防対策
講師:樋口 康二郎氏 (高28回卒)
1.  ソーシャルディスタンス 1.5m
2. 講演者の前にアクリル板を設置
3. 講演者と最前列との距離 5m
4. 出席者全員の検温・マスク着用・消毒の徹底
5. 以上のことから、入場者数最大100名程度に制限

総会 (会議)感染予防対策

1. ソーシャルディスタンス 1m
2. 出席者全員の検温・マスク着用・消毒の徹底
3. 以上のことから、入場者数最大200名程度に制限

平沢勝栄復興大臣を祝して

2020年10月28日(水)

復興大臣ご就任おめでとうございます。
福島で過ごし福島にゆかりのある平沢勝栄さん、全国レベルでのご活躍を期待しております。



平沢さんは、岐阜県白川村出身ですが、小学校から福島県で育ち、高校は私も同期の16回卒で1年次は同じクラスでした。
頭が良く理解力が速く、テストの時など半分以上の時間を持て余していた姿が思い出されます。
顔は、まん丸の眼鏡をかけ、まるで将棋の大山永世名人と思えるほど。
性格はお茶目なところもあり、二本松からの電車通学で、車両が一緒になる桜の聖母女子校生に惚れ、片おもいと思いますが(?)、自分はモテていると豪語しておりました

大学は東大法学部を現役で合格。大学時代の前首相安倍さんの家庭教師は有名です。
卒業後、警察庁入庁。そして要職を経て政界入りをしますが、渥美清「男はつらいよ」の地、葛飾柴又で強力な候補者を破り初当選。
それ以来8期連続。偉ぶらない人柄と日々の活動により毎回開票と同時に当選確実となる実力者です。

信条は彼の数多い著書からも判るように、人間の優しさもありますが「質実剛健」。
またTVやマスコミなどへの露出機会も多く、まさしく実力派の政治家であります。

平沢さんは、在京での高校同期会や同窓会(関東梅苑会)に、どんなに忙しい時でも必ず駆けつけ、福島時代の高校生活や恩師の話題で盛り上がります。

来年3月、東日本大震災発生から10年を迎えます。
まだまだ困難な問題が継続しております。
緊急課題もあり平沢さんは今まで以上に苦労を担った大臣です。

我々も皆様とともに「エール」を送り、誰しもが憧れる福島となるように平沢さんの活躍を期待しましょう。

福島高校16回卒 二階堂晋一記





激励金を渡しました

2020年10月22日(木)

令和2年10月21日、校長室において、渡辺健寿会長より陸上部の志賀理望君に、激励金を渡しました。

志賀君は、10月23日(金)~25日(日)に広島で開催される、

全国高等学校陸上大会2020」に出場します。

同窓会からは渡辺健寿会長が出席し手渡しました。

志賀君は、「このような状況の中で、力を出せる機会を与えていただき感謝している。精一杯自分の力を発揮してきたい。」
と、決意を述べていました。

頑張れ!志賀理望君!







太宰府天満宮御一行様大歓迎会(令和元年)を開催しました。

2019年12月01日(日)

令和元年11月29日18時30分より、福島グリーンパレスにおいて「太宰府天満宮御一行様大歓迎会」を開催しました。
1500kmの距離を梅の剪定にお越し下さった御一行様に、改めて感謝申し上げます。



和やかな雰囲気の中、渡辺健寿同窓会会長の挨拶により、今年の大歓迎会が開会です。



太宰府御一行様を代表し、森五郎権宮司様からのご挨拶です。



竹田校長の乾杯により、歓迎会祝宴が始まりました。



定年を迎えられる、毛利権禰宜に川崎さんより花束を贈呈させていただきました。



関根理事からは、会津漆器を記念品として贈呈させていただきました。



毛利権禰宜は、太宰府天満宮の梅を管理されており、今回の梅の木恵与において、太宰府天満宮の責任者でした。
太宰府天満宮の梅の木が神社関係ではない場所に恵与された例はほとんどなく、学校では初。
今回の梅の木恵与を「奇跡の連続」と表現されていた毛利権禰宜。
しかし、実は当初一番反対をしていたのも毛利権禰宜である。と、森権宮司から暴露されていました。



久米同窓会副会長。(左)



福島稲荷神社宮司・丹治正博さん(高校26回卒)。
平成25年7月、丹治宮司が太宰府天満宮に送った「梅の若木恵与のお願い」趣意書が、毛利権禰宜の心を大きく動かしました。
奇跡のひとつです。



関根理事(高校33回卒)「俺たちは~福高生であ~~~る!」



「そうだぁぁぁぁ!」



篠木雄司(アポログループ会長:高校33回卒)さんのエール。
福島高校の太宰府の梅は、この篠木理事から始まりました。



福島高校側奇跡の始まり・篠木さんと、太宰府天満宮の奇跡の始まり・毛利権禰宜



奇跡のダイブ!!(4回やりました)

歓迎会の中で、毛利権禰宜が進行役でお話しされた「福島高校への梅の木”恵与”の奇跡と軌跡」
本当に奇跡が重なり、太宰府の5本の梅がわが母校にやってきたのだと解りました。

これからも、奇跡は軌跡として続いていきます。

本年もありがとうございました!

太宰府より、梅の剪定にお越しいただきました。

2019年11月28日(木)

今年も太宰府天満宮様より、梅の剪定にご来校いただきました。

今回のご来校者は、
森五郎権宮司、毛利清彦権禰宜、松大路信潔権禰宜
古賀義悟(造園技師)、中島紀寿(造園技師)、木本順(造園技師)
の6名です。



到着後、校長室で打ち合わせをしました。



梅の木を恵与していただいた際の「祝詞」を書いていただいた森五郎権宮司(左)。
祝詞の前で記念撮影。


左から、篠木理事(33回卒)、毛利清彦権禰宜、森五郎権宮司、渡辺同窓会会長、竹田校長、松大路信潔権禰宜、関根理事(33回卒)


古賀義悟、中島紀寿、木本順造園技師により、剪定の様子。



毛利権禰宜から説明を受けています。



参加者全員で記念撮影をして、福島高校での予定を終え、この日は飯坂温泉吉川屋にご宿泊いただきました。

明けて11月29日。
吉川屋を発ち、福島民報社、福島稲荷神社、福島市役所、古関裕而記念館を訪問。
リンゴ狩りもご体験されました。


この日は9時30より、福島民報社を表敬訪問しました。



森権宮司、毛利権禰宜より、福島民報社高橋社長にお土産をお渡ししました。



後列左より、今関理事(高校28回卒)、川崎(同窓会・川崎前会長のご息女)、葛西さん(BSフジ)、古賀義悟造園技師、
中島紀寿造園技師、木本順造園技師。



民報社の中を案内していただく一行。
この後、福島稲荷神社に向かいました。


11時より、福島市役所にて市長を表敬訪問。



木幡知事と約15分の懇談となりました。



市長からは、来年スタートのNHKドラマ「エール」の古関裕而さんにかかわる話などもおききしました。

この後、ご一行は古関裕而記念館へ。

大歓迎会の様子はこちら>>

令和元年同窓会総会を開催しました。

2019年11月23日(土)

令和1年11月22日(金)、福島グリーンパレスにおいて、令和元年の同窓会総会を開催しました。
300名を超える参加をいただき、今年も盛大に開催することができました。
参加者の皆様に感謝申し上げます。



総会に先立ち、応援団とチアリーダーによる記念演舞が行われました。
校歌、応援マーチメドレー、快刀乱麻などが演奏されました。



現役生の持つパワーは素晴らしいですね。



18:20より今年度の総会に入りました。
役員改選では渡辺健寿会長の再任が満場一致で決まりました。



待ちに待った乾杯です。



みやぎ梅苑会の皆様



一六会(16回卒)の皆様。
一六奨学金を提供くださっている代です。



高校37回卒のメンバー



篠木さん(左)と高荒さん。
篠木さんの出版された本はベストセラーに。

管弦楽部の全国大会出場に激励金を贈呈しました。

2019年11月21日(木)

11月19日、校長室において管弦楽部への全国大会激励金を、同窓会長より贈呈いたしました。




太宰府の梅の立札が新しくなりました

2019年11月10日(日)

校舎南側にある、太宰府の梅の立札が新しくなりました。
書道部の部員による題字も鮮やかです。
福島高校にお立ち寄りの際には是非ご覧ください。



肥後の駒止 題字:遠藤美月



想いの儘 題字:佐藤奏恵


黒田 題字:二階堂理子


太宰大貳 題字:本間絵美莉



福高の暁 題字:山田和奈

令和元年度同窓会総会を開催します。

2019年10月29日(火)

令和初の同窓会総会を以下の通り開催いたします。

日にち:令和元年11月22日(金)
時 間:18:00~
場 所:ホテル福島グリーンパレス
 福島市太田町13番53号
 024-533-1171

【スケジュール】
・記念演舞 18:00~18:20
 福島県立福島高校 応援団;チアリーディング部
・同窓会総会 18:20~18:50
・懇親会 19:00~

参加費(会員券):4,000円
※各卒業回の幹事または、同窓会にお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら>>
※当日、受付でも販売いたします。


第17回八香会となかま展開催中

2019年10月19日(土)

高8回卒の皆さんを中心とした「八香会」の「第17回八香会となかま展」が開催されています。

写真、竹細工、水彩画、刺しゅうなど多彩な作品です。


期間:令和元年10月21日(月)まで
場所:福島市民ギャラリー 福島市置賜町4−20
時間:午前10時~午後5時 (21日は午後4時まで)