120周年記念事業、心字の池(不忘池)の改修事業完成

2018年09月29日(土)

東日本大震災壊れ、水が抜けてしまっていた「心字の池」を、120周年の記念事業として改修を行っておりましたが、このたび改修工事が完了し、平成30年9月28日に現地にてテープカットを行いました。
今回の改修では、池の底に白い石を敷き詰め、「枯山水」として一新しました。

当日は、渡辺健寿同窓会会長(福島高創立120周年記念事業実行委員会会長)をはじめ、同窓会会員、在校生、高校教職員など関係者が集まり、式典を行いました。

 

 

 

福島商業高校との定期戦を行いました

2018年08月13日(月)

平成30年8月13日(月)、恒例の福島商業高校との定期戦を行いました。
現役の生徒が戦った午前中の試合では、破れはしたものの、夏の大会で決勝まで進んだ福島商業を相手に1-3と善戦しました。
25日からの秋季大会が楽しみです。








午後からはOBによるOB戦も行われました。

同窓会から、全国大会出場の生徒に激励金

2018年07月23日(月)

同窓会では、7月18日(水)、全国大会に出場する生徒に激励金を贈りました。
当日は渡辺健寿会長から、アーチェリー、ソフトテニス、陸上競技、剣道の全国大会、また全国高校総合文化祭に出場する将棋、梅章委員会へ激励金が手渡しされました。


福島民友新聞 2018.7.23付け記事

山下潤君、日本陸上で活躍!

2018年06月25日(月)

OBで筑波大の山下潤君が、6月24日に行われた日本陸上の男子200メートルで、100メートル日本記録保持者の桐生祥秀をかわし、自己新記録の20秒46で3位に入りました。

福島県体育協会の指定する「Jアスリート」のひとり。
これからの活躍が楽しみです。


福島民友新聞 2018.6.25記事

第28回みんゆう県民大賞

2018年06月09日(土)

福島民友新聞社が毎年表彰している、「みんゆう県民大賞」。
それぞれの道で努力を続け、県民を勇気づける功績を残した方々が表彰されます。

今年は、スポーツ大賞に、聖光学院野球部監督・斎藤智也さん(高34回卒)、ふるさと創生賞に福島高校スーパーサイエンス部がそれぞれ選ばれました。

6月4日に、福島民友新聞社にて表彰式が行われました。

母校関連の皆さんの活動が評価されるのは、非常にうれしいですね!


平成30年6月5日福島民友新聞より

福高のウナギ???

2018年05月28日(月)

スーパーサイエンス部が取り組んでいる魚の成長に適した「好適環境水」。
それらを使用して栄養価の高いウナギの養殖を研究しています。

将来の商品化を判断してもらうための試食会が、東京・日本橋の鰻料理専門店「いづもや」で開かれました。
生徒17名が参加。
お店からは及第点をいただいたということで、母校の鰻が食べられる日が来るかもしれません!



平成30年5月28日付 福島民友新聞の記事より

平成30年度第1回役員会を開催しました

2018年05月14日(月)

平成30年度の同窓会第1回役員会は、5月11日(金)18:30より、福島駅前のホテル辰巳屋で開催されました。

18:30~役員会
次第は以下の通りでした。

1.開会のあいさつ
2.会長挨拶
3.校長挨拶
4.協議事項
(1)平成30年度事業計画
(2)その他
5.報告事項
(1)120周年記念事業について
(2)平成30年度同窓会総会講演会等の案について
(3)その他
6.閉会の言葉

19:00~ 母校職員歓送迎会
次第は以下の通り
1.開会の言葉
2.同窓会長挨拶
3.転出入者紹介
4.記念品贈呈
5.来賓紹介
6.来賓あいさつ (竹田真二校長)
7.乾杯
8.懇親会
9.校歌斉唱
10.閉会の言葉


渡辺健寿同窓会会長の挨拶


高13回~高54回まで、幅広い世代の役員が出席してくださいました。


4月から校長を務める竹田真二校長。
福島高校には二度目の赴任となるそうです。(前回は教諭として)


左:二本松工業高校から転入の我妻 智先生(高46回)
右:昨年度で退職された、今関達也元事務局長(高28回)


乾杯の音頭は、久米副会長(高16回卒)


招待者、母校職員を含め、56名の出席で和やかに行われました。

 

男声合唱団コール・マルシュナー 第5回福島講演のお知らせ

2018年04月26日(木)

首都圏在住の福島高校の同窓生で構成される、男声合唱団「コール・マルシュナー」

第5回福島講演が以下の通り開催されます。

今回が最後の公演となりますので、皆さん是非ご参加ください!!

日時:平成30年6月10日(日) 13:30開場 14:00開演

会場:福島市音楽堂大ホール

福島市入江町1-1 TEL:024-531-6221

チケット:1,500円(全席自由)

チケット取扱所:福島市音楽堂、あきやた楽器店、中合福島店

お問い合わせは、桑原茂さんまで。090-4635-9853



<画像をクリックすると、PDFファイルで詳細をご覧いただけます。>




=演奏曲目=

合唱組曲「月光とピエロ」 指揮:紺野信寿

合唱組曲「雪明りの路」 指揮:長澤 護

思い出の愛唱曲 指揮:星 彰郎 ピアノ:武石頼子

ふるさと、海、芭蕉布、この街で 他

<特別ステージ>

オペラ歌手(バス)高橋啓三を迎えて ピアノ:前田美穂子

菩提樹、魔王、世界で一番美しい女性 他

【主催】男性合唱団 コール・マルシュナー
【後援】福島高等学校同窓会、福島高等学校、福島県合唱連盟、福島民報社、福島民友新聞社

〇 お問い合わせ

e-mail:mi4410ma@tb3.so-net.ne.jp
FAX:042-345-6010 (弥勒誠之)

平成30年梅桜戦開催!昨年に続き勝利!

2018年04月18日(水)

4月14日(土)、信夫ケ丘球場にて、開催された今年の梅桜戦。
福島高校は8-1で勝利し、昨年に続いての連勝。通算成績は福島高校の6勝12敗3分となりました。

スタンドには大勢の生徒も応援に詰めかけ、試合を盛り上げました。

取材には伺えませんでしたが、観戦した皆様からのアツい思いをお寄せいただきました。


福島民友 平成30年4月15日付紙面より


春季大会、そして夏の本番大会に向け、野球部の活躍に期待しましょう!

有志による太宰府ツアーご報告

2018年03月20日(火)

平成30年2月10日~12日の3日間、同窓生の有志20名による太宰府ツアーが開催されました。


まずは福島駅西口を出発。
今回の有志による太宰府訪問団の団長、渡辺健寿同窓会会長よりご挨拶。


仙台空港にて。
みやぎ梅苑会からご参加の皆さんも合流し、総勢20名全員集合完了しました。


悪天候による強風のため、飛行機は約20分ほど遅れて福岡空港に着陸。
思えば、大波乱のこのツアーの予兆はこの頃から。。。。


福岡空港でお出迎えくださった、太宰府天満宮権禰宜の毛利さん。
他、計4名の皆さんがお出迎えに来てくださいました。


この日の訪問は、宗像大社。飛行機の遅れのため、閉館時間ギリギリに到着。


当然のことながら、神宝館内は撮影禁止。
唯一、入口に展示されているこちらの所蔵品が撮影OKでした。

宗像大社にある沖の島神宝は、沖ノ島から出土した祭祀神宝。
昭和29年から三次に亘る学術調査で発掘され、その数なんと、10万点。
そのうちの8万点が国宝に指定されています。
国宝ってどのくらいの数があるのでしょう。。。

この沖の島には、沖津宮が祀られており、交代で宮司さんが泊まり込んでいるそうです。
毎日海水につかって禊を行ってから沖津宮でのお務めをするとのこと。
初日の訪問からびっくりの連続です。

 

宗像大社神宝館WEBサイトはこちら
http://www.munakata-taisha.or.jp/html/shinpoukan.html

(続く)